東京で通信制高校に通うメリットとデメリット

全日制以外で高校での教育を受ける手段として、おすすめ

さまざまな事情により中学から高校への進学を諦めたり、現在通っている全日制に馴染めないなら学ぶことすらやめたくなるかもしれません。
しかし高校教育というのは、必ずしも全日制の高校でしか受けられないわけではありません。
その他の手段でも高校での教育は受けられますし、卒業後は大学へ進学することもできます。
全日制高校を卒業していなくても立派に社会で活躍している人は多数いますから、もし進学や通学で悩んでいるなら諦める前に別の線t串を検討してみましょう。
全日制以外で高校での教育を受ける手段として、おすすめしたいのは通信制高校です。
通信制高校には全日制や定時制にはない数多くの特徴があり、東京都内にもいくつもあります。
もし高校へ通えない理由が経済的な要因なら、通信制高校はおすすめです。
授業料は世帯収入によって変わりますが、公立なら3年間通い続けても10万円もかかりません。
私立では年間10万円から70万円ほどと公立に比べると若干高めですが、カウンセラーが常駐しているなど手厚いサポートを受けられるます。
世帯収入次第では高等学校等就学支援金を利用しさらに授業料は下げられるので、経済的に苦しい状況でも高校に通える可能性は高くなるでしょう。

通信制高校 さくら国際高等学校東京校
いじめ、不登校、中退など、さまざまな理由で進路が閉ざされている子供たちに、明るく元気に通える新しい学びの場を提供しています。

— 戸田 浩正 (@a9cbsj40) March 5, 2021

全日制以外で高校での教育を受ける手段として、おすすめ働きながら通えるのも経済的なメリットデメリットの一つは、自分で勉強する必要があること