東京で通信制高校に通うメリットとデメリット

デメリットの一つは、自分で勉強する必要があること

全日制以外で高校での教育を受ける手段として、おすすめ働きながら通えるのも経済的なメリットデメリットの一つは、自分で勉強する必要があること

授業料のことだけを考えたら公立を選ぶのがベストですが、状況によっては学びやすい環境が整えられている私立を選ぶのも一つの選択肢です。
このように多くの人にとって通いやすいメリットのある通信制高校ですが、デメリットもあるので注意しなければいけません。
デメリットの一つは、自分で勉強する必要があることです。
基本的には自宅で一人で学習するわけですから、日常での勉強は教師に見られているわけではありません。
そのため自分で学習する時間を決めたり、モチベーションを高く持ちながら勉強しなければいけません。
自己管理ができないためレポートの提出ができなかったりなどが理由で、卒業できない生徒もいるほどです。
卒業後に大学に進学するなど目標があるとモチベーションを維持しやすく自己管理もしやすくなりますが、そうした明確な目標がない人はつい甘えてしまい勉強できなくなるでしょう。
もし自分ひとりで勉強することに対して不安があるなら、サポート校や塾などを併用するのがおすすめです。
基本的なスケジュールは、週に1回から3回ほど登校しクラスなども決まっていません。
全日制に比べると人間関係が希薄になるので、いじめなどの問題に悩まされる可能性は低いです。
しかしその一方でクラスメイトや先生と一緒にいられる時間も短くなり、デメリットになる場合もあります。
昔に比べたら一般的になりつつありますが、それでも高校はまだまだ全日制に通うというのが当たり前の社会です。
そのため周囲から好奇な目で見られたり、生徒自身が世間体を気にする場合があるのもデメリットです。
通信制高校には、このようなメリットとデメリットがあります。
進学を諦めている人にとっては魅力的なメリットが多くありますが、東京都内で選ぶときにはデメリットもしっかりと理解しつつ、後悔のない選択をするようにしてください。