東京で通信制高校に通うメリットとデメリット

働きながら通えるのも経済的なメリット

全日制以外で高校での教育を受ける手段として、おすすめ働きながら通えるのも経済的なメリットデメリットの一つは、自分で勉強する必要があること

また授業料などの費用が安いだけではなく、働きながら通えるのも経済的なメリットです。
授業時間に融通がきく環境ですから、アルバイトやパートはもちろん正社員として働きながら通っている生徒もいるほどです。
経済的に苦しい家庭環境だと、高校進学を諦めてしまうかもしれません。
しかし授業料が安く働きながら学べる高校なら、お金に余裕がなくて進学を諦める必要はありません。
働きながら学べる環境の高校ですから、学習を自分のペースで進められる特徴もあります。
通信制高校は、基本的に1ヶ月に数回スクーリングとレポートがあるだけです。
レポートを提出し決められた日時のスクーリングに参加すれば、あとの時間は自由に使うことができます。
毎日決まった授業に校舎に登校し授業を受けるスタイルだと、時間に追われるため働きながら学べません。
ですが時間的に融通のきく環境なら、昼間は仕事をしたり家事・子育てをして夜に勉強するなど、授業時間に縛られず自分のペースで学習を進められます。
経済的に苦しいだけではなく、10代のアスリートや芸能人など働きながら学びたい人も通っています。
病気などが原因で定期的にスクーリングに参加できない生徒に対しては、日程を調整してくれる学校もあるので、さまざまな理由で通えない人も安心できるでしょう。
いじめや不登校など精神的な問題で学校に通えない生徒に対しても、カウンセラーが相談に乗ってくれたりとそれぞれの事情に対応できる環境が整えられています。
病気やいじめ、さらには10代のときに何らかの事情で高校に通えず社会人や高齢になってから通いたいと思った人にも、柔軟に対応し配慮をしてくれます。
ただしこうした柔軟対応ができるのは、東京都内では公立よりも私立が多めです。

GO通信制高校神奈川県の学校一覧-通信制高校ナビ